9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年09月09日
中京ハウジングからのお知らせ

オーナーズ通信 9月号

弊社では、オーナー様の為に「オーナーズ通信」を毎月発行しています。

2020年9月号の「オーナーズ通信」ができました。

今月の記事もすべて「新型コロナ関連」になりました。

もっと明るい未来に向けた記事をお読みいただきたいのですが、大家様にお伝えしたい大事なテーマを選択すると今月のようなラインアップとなってしまいました。 

新型コロナは、いまだ未知の部分が多いこともありますので、過度に恐れるのではなく、
「正しく理解」して「正しく対応」する必要があります。

毎月、無料でプレゼントします!

 賃貸経営におきましても、借主の経済事情が悪化することで

 ・生活向上(ステップアップ)のための新規需要が減退する

 ・それによって地域の賃料相場が影響を受ける

 ・家賃の支払い状況にも影響が出てくる

などのマイナス要因に備える必要があります。

 

 一方で賃貸住宅に暮らす世帯数に大きな変化はありませんから

 ・今まで注目度が低かったお部屋への需要が増える

 ・新型コロナを起因とした部屋の移動が起こる

 ・新しく生まれた借主需要を取りこむ機会が生まれる

というプラス要因もあります。

 この変化をぜひ、賃貸経営にプラスさせていただきたいと思います。

 私どもの賃貸管理と賃貸仲介も大きく変化しつつあります。

 変化に対応できなければ、大家様に役立つこともできません。ぜひご一緒に、この大変化の時代を歩ませていただきたいと願っております。

お気軽にお問い合わせください

 今月の記事では、

 ・大家様の賃貸経営を便利にする「リモート活用」のすすめ

 ・大学のオンライン授業が賃貸需要に与える影響について

 ・新型コロナに対応した賃貸仲介の最前線の紹介

というテーマを取り上げました。

 新型コロナに対する備えのヒントにしていただけましたら幸いです。大家様におかれましても、十分に注意をしてお過ごしください。

 また、オーナー通信にご興味のあるオーナー様は、お気軽に中京ハウジング(株)まで、お問合せ下さい。

この記事を書いた人
東原 相信 トウハラ ソウシン
東原 相信
不動産を持ち続けていればどんどん価値が上がるという「不動産神話」はすでに過去のものとなり、空室の増加や賃料の下落などに悩むオーナーの声をよく耳にします。つまり、賃貸経営は事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。私は、CPMとしての知識と経験で全力でオーナーの賃貸経営のサポートをいたします。
arrow_upward