9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2021年06月21日
管理スタッフの日常ブログ!

玄関ドアの不具合対処

管理スタッフのFです。

最近、「鍵の回りが悪い」「ドアが閉まりにくい」など共用部扉の不具合対応が続いたので、今回は玄関ドアの不具合に対するご自身で出来る簡単な対処方法をご紹介しようと思います。

ドアが枠や床に擦る

丁番の取付部のネジが緩んでいることが考えられます。

丁番のネジが緩むことでドアが僅かに傾いて擦っているので、丁番のネジをドライバーで締めることで直ります。

※見た目ではわからない程度の緩みの場合もあるで、見た目で判断せずにやってみてください。

下の写真のように緩みが酷くなると突出したネジの頭がドアと枠の間に挟まりドアが閉まらないケースもありました。

尚、丁番の変形やごく稀にドア自体が変形しているケースもありますので、ネジが緩んでいなかったり、ネジを締めても改善されない場合は、専門家に相談して下さい。

開閉時に「キーキー」きしみ音がする

丁番の可動部分の油が足りていないことが考えられますので、丁番に潤滑油を注油することで改善されます。

丁番用グリスもありますが、使い勝手を考えるとシリコンスプレーがおすすめです。

≪実際の手順≫

①丁番のホコリや汚れを除去する

②丁番の隙間から心棒にオイルをスプレーする(垂れたオイルはふき取りましょう)

③ドアを数回開け閉めして、潤滑油を馴染ませる

今回紹介した以外にも、「鍵の回りが悪い」「ドアの閉まるスピードが速くなった」等の対処方法については、下記のブログも参考にしてみて下さい。

・「鍵」の動きが悪い!専門業者手配の前にご自身でできる確認ポイント!https://chukyo-h.jp/contents/2147

・自分でできます!ドアクローザーの調整!!https://chukyo-h.jp/contents/2360

この記事を書いた人
管理スタッフ
管理スタッフ
新人スタッフからベテランスタッフまで、お客様の大切な資産をお守りするため、現場で日々奮闘しています。マンションで見かけた場合はお気軽にお声をかけて下さい。
arrow_upward