9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2021年12月20日
管理スタッフの日常ブログ!

宅配ボックスの比較

管理スタッフのFです。

以前に注目の設備として紹介した宅配ボックスですが、一口に宅配ボックスと言っても『ダイヤル式(機械式)』と『コンピューター制御式』と呼ばれるものがあります。

そこで、今回は導入検討の参考に『ダイヤル式(機械式)』と『コンピューター制御式』のメリット・デメリットを紹介してみようと思います。

機械式(ダイヤル式・テンキー式)宅配ボックス

『機械式(ダイヤル式・テンキー式)』とは

電源が不要で、ダイヤル錠やプッシュボタンで操作するタイプです。

使用方法は簡単で、配達員が荷物をボックスに入れた後、任意で決めた暗証番号を設定し、設定した暗証番号を通知書に記入、受取人の郵便ポストに通知書を投函してます。
受取人は通知書を確認した後、記入されている暗証番号でボックスを開錠し、荷物を取り出したら受け取り完了です。

《メリット》

・金額が安価、ランニングコストが不要

・組合せ可能なタイプもあり省スペースでの設置も可能

・電気工事が不要

《デメリット》

・暗証番号の設定ミスや通知書への暗証番号記入間違い・通知書の投函間違いなど、人為的なミスからのトラブルが多い

・履歴管理が出来ない

・入れ間違いや暗証番号紛失の度の現地対応が必要など管理者の負担大きい

・荷物の盗難等トラブルがあると、宅配業者が宅配ボックスを使用しないケースもある

・私物化されるケースもある(宅配業者が場所取りの為、から閉じをするケースも)

・セキュリティー面に不安がある(通知書が郵便ポストから第三者に盗まれ、宅配ボックス内の荷物を盗まれるといった事件も発生している)

コンピューター制御式(電子式)宅配ボックス

『コンピューター制御式(電子式)』とは

電源への接続が必要で、液晶パネルが付いていて、タッチパネルやカードキー・テンキーなどで操作し、部屋毎に設定された暗証番号で解錠するタイプです。

セキュリティー面に優れており、トラブルが少なく、配達員は受取人の部屋番号を入力するだけで良いので、暗証番号の設定ミスを防ぐことができます。

※メーカーにもよりますが、リース契約やメンテナンス契約も可能 

退去後には暗証番号を変更できるの

《メリット》

・人為的ミスが少ない

・履歴管理が出来る

・暗証番号が部屋毎に設定されており、セキュリティー面が優れている(入居者の退去時に暗証番号を変更が出来る)

・リース契約の場合、初期費用を抑えることが出来る

・メンテナンス契約をすることで、トラブル時の現地対応等の管理者の負担が軽減出来る

《デメリット》

・機械式に比べて金額が高い

・電気料金や(リース契約の場合)リース料・(メンテナンス契約の場合)メンテナンス料のランニングコストが掛かる

・設置場所の近くに電源が無い場合、電気工事が必要

まとめ

機械式の宅配ボックスは、値段も安く使用方法がシンプルな為、人気も高いですが、トラブルが多いことも事実です。

コンピューター制御式の宅配ボックスは、値段は高いですがトラブルが少なく、入居者も宅配業者も安心して利用することが出来ると言えます。また、メンテナンス契約をすることで、管理者にかかる負担を軽減することが出来ます。

機械式とコンピューター制御式を比較し、物件に一番適した宅配ボックスを選びましょう!

ちなみに、分譲マンションや新築物件ではコンピューター制御式が多いですね。

この記事を書いた人
管理スタッフ
管理スタッフ
新人スタッフからベテランスタッフまで、お客様の大切な資産をお守りするため、現場で日々奮闘しています。マンションで見かけた場合はお気軽にお声をかけて下さい。
arrow_upward