9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2021年07月13日
管理スタッフの日常ブログ!

網戸の上手な使い方

 皆さん、こんにちは。中京ハウジング(株)の東原です。

 最近は1日中エアコンを付けっぱなしにすることが多くなりましたが、私はあまりエアコンの風が好きじゃないので、ちょっと涼しい日の夜なんかは、エアコンを止め窓を開けて過ごしたりします。

 私と同じ様な方も、結構いるのではないでしょうか?

網戸を閉めているのですが。。。

 弊社管理物件の入居者から、「網戸を閉めているのに、部屋に虫が入ってきます。何とかならないですか?」という連絡が稀にあります。そんな事言われても。。。と思うのですが、それはもしかすると、網戸の使い方のせいかもしれません。

 窓の開き方と網戸の位置を考えて、虫のつけいるすき間ができないように網戸を使いましょう。

網戸の上手な使い方

 網戸を使う時は、窓との配置にも注意が必要です。

 全開状態で使用するか(イラスト①)、半開きでもイラスト②のようにすき間がなければ、虫が入ってくることはありません。イラスト③では、窓と網戸の間から虫が入りやすくなります。

 実は、この事実は私も最近知りました(汗)。窓を開けて過ごす際は、是非気を付けたいものです。

 また最近は、網戸にも工夫がされており、小さな網目のものや、虫が寄りつきにくい素材を使用した商品が市販されていますが、それでも室内に入ってくる場合は各自、防虫剤等でのご対応をお願いします(^^;

 ただ、ホントに暑い日は熱中症予防のためにも、無理をせず、エアコンを使用して下さいね。

この記事を書いた人
東原 相信 トウハラ ソウシン
東原 相信
不動産を持ち続けていればどんどん価値が上がるという「不動産神話」はすでに過去のものとなり、空室の増加や賃料の下落などに悩むオーナーの声をよく耳にします。つまり、賃貸経営は事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。私は、CPMとしての知識と経験で全力でオーナーの賃貸経営のサポートをいたします。
arrow_upward