9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2021年01月28日
管理スタッフの日常ブログ!

今年の節分は!?

皆さん、こんにちは。中京ハウジング(株)の東原です。

早いもので、2021年に入ってもうすぐ1ヶ月が経ち、もうすぐ2月ですね。2月に入ればすぐに節分なんですが、今年の節分は何と124年ぶりとの事です!

節分が2月2日!?

 毎年節分が近づくと、スーパー、コンビニ等では「恵方巻き」のチラシが貼られ、いろんなタイプの巻き寿司が販売されることを感心しています。私が子供の頃は恵方巻を食べる習慣はなかったのになぁと思いながら、今年のチラシを眺めていると、何と節分が「2月2日」と記載されているじゃないですか!

 私はてっきり2月3日の間違いで、このスーパーのチラシ作成担当者は今頃訂正の対応など、大変な事になってるんだろうなってことを家族に話したら、「お父さん、今年の節分は2月2日らしいよ。」って。

 ちょっと待て。節分が2月2日なんて聞いたことがないぞ!半世紀近く生きてきて、2月2日の節分なんて、今まで無かったぞ!と思い、急いで自分のスケジュール帳の2月を確認。

 な、な、なんと2月2日の欄に「節分」と記載されてるじゃないか!!!

1897年以来、124年ぶり!

 すぐにインターネットで検索すると、2月2日が節分となるのは、1897年以来、124年ぶりだという事です!国立天文台は「地球が太陽の周りを回る公転の周期が、1年きっかりではないことが原因。微妙なずれが重なった結果だ」と説明しています。

 節分は季節を分けるという意味があり、立春の前日に設定されるようです。立春を含む二十四節気は、太陽と地球の位置関係から天文台が日付を割り出して、毎年公表しているのです。

 公転周期が365日ぴったりではないことが影響して、立春が例年の日付から前後することがあります。これに伴い節分の日も2月3日からずれるケースが出てくるとの事です。私も知らなかったのですが、1984年の節分は2月4日だったそうですよ。

 ちなみに、今年からしばらくは4年毎に節分は2月2日となるそうです。こんなところでも、新しい常識が始まるのですね。。。

この記事を書いた人
東原 相信 トウハラ ソウシン
東原 相信
不動産を持ち続けていればどんどん価値が上がるという「不動産神話」はすでに過去のものとなり、空室の増加や賃料の下落などに悩むオーナーの声をよく耳にします。つまり、賃貸経営は事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。私は、CPMとしての知識と経験で全力でオーナーの賃貸経営のサポートをいたします。
arrow_upward