9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年06月09日
管理スタッフの日常ブログ!

「思い込みって怖いですね。」という話

幼少の頃、『金鳥の夏』を『緊張の夏』だと思い込んでいた、管理部河村です。
どんな恐ろしい夏が来るねんっ!

同業の管理会社さんより、管理物件でトイレが詰まったので対応してほしいと連絡がありました。(同業者にも頼られる弊社って素晴らしい!)

トイレや排水管の詰まり対応は頻繁にあり、緊急で動くことがほとんどです。
今回もテナントさんは民泊施設でトイレが使えないと困るので緊急を要するとの事です。

対応方法も状況によって変わるのですが、今回は便器を一旦外し、パイプ(配管)内にワイヤーを通して清掃し詰まりを解消する方法となりました。

この作業で気を付けなくてはいけないのが、古い配管ですと、配管に穴をあけてしまったり、破損させるリスクがあります。
そのリスクを理解して頂いた上での作業となります。

いざ作業が始まると、ワイヤーが配管内をガシッャンガッシャン音立てながら進んでいきます。
小心者の私は破損しないかドキドキしてしまいます。

作業員さんはそのワイヤーを自分の腕のように「ここで配管が曲がって、ここに何かいますねー」なんて言いながら、見事に操っていきます。
その様は、まるで左腕に特殊な高性能銃「サイコガン」を付けた、一匹狼の宇宙海賊コブラのよう!(僕の憧れの存在です☆あの赤い全身タイツがセクシーです♡)

そしてワイヤーを配管から抜き出すと先っちょに原因となる塊が…

その正体はトイレ掃除用のシートでした。

テナントさんは、そのシートが水に溶けて流れると思い込み、掃除をするたびに流し続けたのです。
その結果、配管の継ぎ手部分に引っかかり配管を詰まらせてしまったようです。

その掃除用のシートの説明を見ると、水に溶けるとかトイレ流して良いなんてどこにも書いてありませでした…。

まさに、思い込みがもたらした悲劇!略して『おもひげ~!』の話でした。(いきなりの『ごきげんよう』風)


そして、今年も『夏』がやってきます。
今年の夏は、猛暑×コロナ+αのまさに『緊張の夏』となりますので、くれぐれもご自愛ください!

現場からは以上でーす。

この記事を書いた人
河村 達哉 カワムラ タツヤ
河村 達哉
「誠実に」、「丁寧に」、「謙虚に」、「ハイボールは濃いめに」をモットーに どんな依頼も全力で対応します!
arrow_upward