9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2021年04月02日
管理スタッフの日常ブログ!

エレベーターピットに溜まった水のその後…

最近よく耳にする『ブロックチェーン』・・・とても優れた技術ですが、真っ先に聖闘士星矢に出てくる『アンドロメダの瞬』を思い浮かべてしまう、管理部の河村です。(わかる人にはわかるっ!)

先日(3/12)のブログで紹介した、とあるビルのエレベーターピット内に水が溜まっている件で水抜き作業、原因調査が入りました。

 
排水ポンプで水を抜き、溜まった水が抜ける用の配管が詰まっていないか確認します。

ところが・・・

そもそもそんな配管自体有りません‼
完全に憶測が外れました。(ガーン!)

ということは入ってきた水は入ったまま自然と無くなることはありません。
無くなるとしたら蒸発するか、もしくは入ってきたところから抜けるか・・・です。

調査を進めると、また一つ仮説が生まれました。

エレベーターピット周りには、いくつもの湧水槽が囲んでいます。

その各湧水槽は連通管ですべてつながっていて、一ヶ所の湧水槽に排水ポンプが設置されています。

湧水槽の水が溜まるとポンプが作動し、排水を行うのですが、溜まった水をポンプで排水しても、エレベーターピット横の末端の湧水槽の水が減りません。

他の湧水槽を確認すると、途中のところから水が減っていない湧水槽があったのです。

そーなんです!

水が減っていない箇所の湧水槽の連通管が詰まっていたのです。

 
そしてエレベーターピット横の溜まったままの湧水槽から水が浸入してきていたのではないか・・・?

 
なんだかわかりませんがワクワクします!(不謹慎っ!)

連通管の詰まりを解消し、正常に湧水槽の水が排水されるようにし、今後経過観察をすることとなりました。

まだ原因が確定したわけではありません!
長い戦いになりそうです・・・

仮設が本説となることを祈るばかりです!

 
現場から以上でーす。

この記事を書いた人
河村 達哉 カワムラ タツヤ
河村 達哉
「誠実に」、「丁寧に」、「謙虚に」、「ハイボールは濃いめに」をモットーに どんな依頼も全力で対応します!
arrow_upward