9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2021年12月02日
地域情報

台湾まぜそば @千種

皆さん、こんにちは。中京ハウジング(株)の東原です。

本日は、久しぶりに会社近くのおすすめランチ店シリーズです!

場所はJR中央線の千種と鶴舞の間の高架下。『イオンタウン千種』のすぐ西側にある「麵屋はなび 千種店」です!この店は2021年9月19日(日)にオープンしました。

元祖 台湾まぜそば

 「台湾ラーメン」は名古屋メシとして有名ですが、「台湾まぜそば」は新しい名古屋メシとして段々と普及してきています。そして、「台湾まぜそば」はこの店が発祥なんですよ!

 開発のきっかけは、この店のオーナーが新しいメニューを開発中にひき肉をラーメンに入れようとしたところ、当時のスープに合わず捨てようとしたところ、当時のスタッフが『もったいない』といってスープの入っていない麺にミンチをかけたらこれがうまい!そこから『台湾まぜそば』が始まったとのことです。

 店のホームページによると、元祖台湾まぜそばとは、下記の通り定義されていました。

 『台湾ミンチ(唐辛子とニンニクを効かせた醤油味のピリ辛ミンチ)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種です。代表的な具は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄。好みでおろしニンニクを入れ、よくかき混ぜて食べる。​スープがない台湾まぜそばには通常の麺を使用すると具が絡まりずらい為、湯切りをせずに麺棒でかきまぜ麺に傷をつけて粘りを出している。粘りが出ると同時に甘みも増し台湾ミンチと非常に相性がいい麺となる。』

真っ赤な外観の店舗

 店の外観は、鮮烈すぎる真っ赤な外観!とにかく目立ちますっ!!店内はカウンター席5席と、4人がけのテーブルが1卓のみとかなり小さめなので、この日は昼前に行ったのにもかかわらず、既に待ちが2組いました。

 感染対策のためか、食券形式ではなく、入口近くのレジカウンターでオーダーし、先払いする形式になっています。ここは定番の「台湾まぜそば」を注文し、カウンターに案内されました。

 暫し待つ事10分弱。早速、良くかき混ぜます。そして一口・・・。ピリ辛ミンチとにんにくのパンチがきいて、とっても美味いです!麺が無くなった後に「追い飯(無料)」をお願いし、ご飯で混ぜて完食いたしました!

 今回は定番の「台湾まぜそば」でしたが、店には「台湾カレー」といった、もはやどこの国の料理かわからないけど、気になるメニューがあるので、また伺います!

 どうもごちそうさまでした。

麺屋はなび 千種店

住 所  名古屋市中区新栄2-47-27

営業時間 [火~金] 11:30~14:00 18:00~21:30

     [土・日・祝] 11:00~14:30 18:00~21:30

定休日  月曜日、第1・3火曜日

この記事を書いた人
東原 相信 トウハラ ソウシン
東原 相信
不動産を持ち続けていればどんどん価値が上がるという「不動産神話」はすでに過去のものとなり、空室の増加や賃料の下落などに悩むオーナーの声をよく耳にします。つまり、賃貸経営は事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。私は、CPMとしての知識と経験で全力でオーナーの賃貸経営のサポートをいたします。
arrow_upward