9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年02月29日
賃貸経営まめ知識

原状回復費用の借主負担について

 原状回復費用については、国土交通省からガイドラインが公表されていますが、色々なケースがありますよね。

 以前、こんな質問があり、私なりにアドバイスをさせて頂きました。

Q.6年間住んでいた入居者が退去しました。部屋の状況はかなり痛んでいて、壁のクロスは変色して一部は剥がれています。カーペットも貼り替えないと使用できない状態でした。立ち会いの際に、入居者も自分達が汚損させたことは認めていました。

 リフォームの見積額は50万円に上り、そのうち畳の表替えとルームクリーニング費用と、痛みのひどい洋間のクロスの貼り替え、カーペットの貼り替え費用で30万円を請求しました。

 入居者は「クロスは経年劣化ではないか」と不満を表しています。合意できていない費用は10万円くらいです。当方としてはクロスとカーペットは通常を超えた使用によるものだし、畳とクリーニングは特約に記載してあるので弱みはないと思っています。

 預かっている敷金は16万円です。この請求は正しいでしょうか。

A.まず、現状を正しく理解しておく必要があります。

 借主に請求する30万円の内訳の中に、恐らく、洋間のクロスとカーペット費用の全額が含まれていると思います。これは故意過失・通常を超えた使用による損害としての請求ですが、実は借主には費用全額の負担義務はありません。請求できるのは残存価値の部分だけです。

 入居期間は6年ということですから、減価償却されたあとの残存価値は1円と評価されると思われます。つまり、借主が負担しなければならないのは工事にかかる費用の1円のみ、ということになります。残りは貸主が家賃収入のなかから償却という形で負担すべきという考えですね。

 次に特約に書かれている「畳とルームクリーニング費用」についても、消費者契約法などを持ち出されると、必ずしも家主の言い分が通るとは限りません。腹立たしい話だとは思いますが・・。

 念のためにお断りしておきますと、家主さんに「だから我慢して借主に敷金を返しましょう」と言っているわけではありません。借主と有利に交渉を進めるためには、事実を正しく理解しておく必要がある、ということです。現在の状況は、借主が20万円の負担までは了承している、ということです。敷金16万円の不足額4万円を借主から徴収する、というカタチになります。

 借主のクロスとカーペットの負担額は「1円」で、畳とルームクリーニングも消費者契約法で徴収できないかもしれない、という事実を理解すれば、これが貸主にとってどんなに有利な条件かが分かると思います。ですから、借主が支払いを了解しているうちに合意
書を作って、差額の4万円を徴収して決着をつけるのが一番良い方法だと思います。

 借主の事情が変われば、「敷金を返してほしい」という要望に切り替わる恐れもありますので。

この記事を書いた人
東原 相信 トウハラ ソウシン
東原 相信
不動産を持ち続けていればどんどん価値が上がるという「不動産神話」はすでに過去のものとなり、空室の増加や賃料の下落などに悩むオーナーの声をよく耳にします。つまり、賃貸経営は事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。私は、CPMとしての知識と経験で全力でオーナーの賃貸経営のサポートをいたします。
arrow_upward