9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2021年09月14日
地域情報

自動運転の社会実装を見据えた実証実験

ハンドルやアクセル・ブレーキペダルのない未来の車が、愛知県名古屋市鶴舞公園周辺を走る実証実験が行われています。

自動運転バスが都心部を長期間走行するのは全国初との事です。

自動運転バス「Nanamobi」

 Nanamobiは、フランスのNAVYA社製「ARMA」を使用しています。

 ARMAは自動走行に必要な測位システム、センサー等を搭載したバスタイプの完全電気自動車です。直進、加減速、停止、左折、右折について、システムにより自動で走行します。

 安全のため、セーフティオペレーター(運転者)と保安員が同乗します。

Nanamobiの由来

 モビリティが新たな愛知を導く、という想いと名古屋のシンボルイメージである「ナナちゃん人形」、そして名古屋弁で「ですね」を意味する「なも」を掛け合わせたネーミングとしています。

 車両デザインは、名古屋の三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)をイメージし、
兜の立物及び名古屋鉄道(名鉄)のパノラマカーやバスを想起させるラインをあしらい、
地域の皆様に親しみを持っていただけるよう、想いを込められているそうです。

運行ルート

 運行ルートは「鶴舞駅ルート」と「名工大ルート」の2種類あり、下記の通り運行されます。

「鶴舞駅ルート」

 1イオンタウン千種 → 2JR鶴舞駅名大病院口 → 3名大病院駐車場前 → 1イオンタウン千種

「名工大ルート」

 1イオンタウン千種 ⇔ 4名古屋工業大学

  交通量の多い、若宮大通りを運行するので、少しドキドキしますが、自動運転の性能が高まっていることにワクワクしますね。

 抽選で試乗体験ができるようなので、是非、この機会に未来の車を体験してみませんか?

この記事を書いた人
東原 相信 トウハラ ソウシン
東原 相信
不動産を持ち続けていればどんどん価値が上がるという「不動産神話」はすでに過去のものとなり、空室の増加や賃料の下落などに悩むオーナーの声をよく耳にします。つまり、賃貸経営は事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。私は、CPMとしての知識と経験で全力でオーナーの賃貸経営のサポートをいたします。
arrow_upward