9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年09月20日
管理スタッフの日常ブログ!

台風シーズン到来⁉

管理スタッフのFです。

9月も中頃を過ぎて朝夕は涼しくなり、少しずつ過ごしやすくなってきましたが、9月・10月は台風が多くやって来る台風シーズンでもあります。

今のところ台風の発生数は例年より少ないようですが、海水温が高く台風の勢力が強くなることが危惧されていますので、十分注意していきましょう。

という事で、今回はマンションにおける台風対策を少しご紹介しようと思います。

マンションは鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造なので、建物自体が台風の雨風によって損壊することが殆ど無い反面、高さがあることにより風の影響を受けやすく、窓ガラスの破損や雨水の浸入等の被害が出てしますことがあります。

雨風が強くなる前に

・バルコニーに置いているものを室内に入れる

 マンションでは風の影響を受けやすいため、重量のあるものでも飛ばされてしまうこ  とがあり、飛ばされたものによって窓ガラスが割れたり、万が一落下して人や車など  にあたって大きな被害になる危険がありますので、植木鉢などバルコニーに置いてい  るものは出来る限りすべて室内に移動しましょう。

 物干し竿も風で飛ばされることがあるので、室内に入れておくことをお勧めしますが、 室内に入れることが出来ない場合は、ヒモ等で物干し金物に固定するなどの対策をし  ましょう。

・バルコニーの排水口等を掃除する

 短時間での雨量が多くなると、排水が追いつかず室内に浸水してしまうおそれがある  ため、スムーズに排水が出来るようバルコニーの排水口等の掃除をしておきましょう。 ※サイドバルコニー等も忘れずに!

・機械式駐車場の車対策

 地下ピットタイプの機械式駐車場では、排水ポンプの排水能力を超える場合や排水先  の満水、停電により排水ポンプが動かない等によりピット内が浸水するおそれがある  ので、事前に安全な場所に移動させましょう。

雨風が強くなってきたら

・給気口を閉めて換気扇を止める

 雨風が強くなると、給気口や換気扇から雨風が吹き込むことがあるので、給気口を全  て閉じて、24時間換気システムや換気扇も止めましょう。              ※台風後は24時間換気システムの電源を入れ、給気口を開けることを忘れずに!

・サッシや玄関ドアの隙間にタオルや雑巾等を置く

 雨風が強くなると、サッシの隙間(特に下部のレール部分)や玄関扉と枠の隙間から  雨が吹き込んでくることがありますので、タオルや雑巾等を置いて雨の浸入を防ぎま  しょう。

・お風呂の浴槽等に水を溜めておく

 台風により停電が発生すると、各戸に水を送る給水ポンプが止まって水道が使えなく  なってしまうので、断水に備えてお風呂の浴槽やペットボトルに水を溜めて生活用水  を準備しておきましょう。

今回ご紹介した以外にも、懐中電灯やラジオ等を準備したり、事前に避難場所を確認しておくなどいろいろな対策がありますが、被害を最小限に抑えるためにはしっかりと事前対策をすることが重要です。

近年、台風を含め自然災害による大きな被害が日本各地で発生しています。いつ自分の住んでいる地域が被害を受けるかわかりませんので、日頃から災害への備えをしておきましょう。

この記事を書いた人
管理スタッフ
管理スタッフ
新人スタッフからベテランスタッフまで、お客様の大切な資産をお守りするため、現場で日々奮闘しています。マンションで見かけた場合はお気軽にお声をかけて下さい。
arrow_upward