9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年07月11日
中京ハウジングからのお知らせ

オーナーズ通信 7月号

弊社では、オーナー様の為に「オーナーズ通信」を毎月発行しています。

2020年7月号の「オーナーズ通信」ができました。

『コロナ共存時代に適した賃貸経営の答とは』を記事にさせていただいておりますので、参考にして下さい。

毎月、無料でプレゼントします!

 新型コロナが一段落して、このまま収束に向かえば良いのですが、まだまだ安心できない、というのが専門家の意見です。
 
 コロナ共存時代と言われますが、それに適した賃貸経営は どんなカタチを目指すべきなのでしょうか。正解が見つからないままに、以下のような「漠然とした不安」だけが残ります。
 
 ・家賃の支払い猶予や減額請求への対応
 ・家賃滞納による保証会社の財務状況への不安
 ・クレームやトラブルの質の変化と増加傾向
 ・退去が増えて空室の長期化、それに伴う家賃の下落
 ・経費(特に修繕費用)の負担増
 ・物件内での感染発生、それによる風評
 
 どれも今まで経験したことのない不安要素ですが、私どもの正しい答は「大家様のための賃貸管理」にあると思っています。
 
 私どもは賃貸管理の目的を「大家様の賃貸経営に役立つこと」においています。
 大家様は「それは当然なのでは?」と思われるかもしれませんが、多くの賃貸管理は「大家様の作業を代行すること」に主眼をおいているのです。
 
 「賃貸経営に役立つこと」を目的とすれば、大空室時代であれ コロナ共存時代であれ、現場で一所懸命に考えて実践することで 必ず答が見つかります。
 そんな賃貸管理を ぜひお試しいただきたいと願っております。
 
 これからの時代への様々な質問にも応えさせていただきますので、ぜひ お声がけいただきますようお願い申し上げます。

お気軽にお問い合わせください

 今月も「賃貸経営のためのニュースレター」を作成いたしました。

 「新型コロナ対応の貸し方」について記事にいたしました。ぜひ、ご覧いただき、賃貸経営のご参考にしていただけましたら幸いです。
  
 
追伸
 なによりも大切なのは、ご自身とご家族の感染を防いで健康を守ることです。
 細心のご注意でお体をご自愛いただきますことを願っております。

この記事を書いた人
東原 相信 トウハラ ソウシン
東原 相信
不動産を持ち続けていればどんどん価値が上がるという「不動産神話」はすでに過去のものとなり、空室の増加や賃料の下落などに悩むオーナーの声をよく耳にします。つまり、賃貸経営は事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。私は、CPMとしての知識と経験で全力でオーナーの賃貸経営のサポートをいたします。
arrow_upward