9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年03月11日
中京ハウジングからのお知らせ

オーナーズ通信 3月号

弊社では、オーナー様の為に「オーナーズ通信」を毎月発行しています。

その中で、私たちの「賃貸経営に対する考え」を記事にさせていただいております。

毎月、無料でプレゼントします!

 繁忙期もまもなく終わりますが、オーナー様の貸室は満室となりましたでしょうか。
 もし、まだ空室があるようでしたら、これから間に合う空室対策でぜひ、3月一杯までに満室にしていただきたいと思います。

 今月号のオーナーズ通信の特集記事ではまだ間に合う、空室対策の原則について分かりやすく書かせていただきました。ぜひご覧ください。

 私どもは、オーナー様から空室をお預かりしたときは、まず空室の原因を、オーナー様と一緒に考えさせていただきます。

 私どもの経験の中では、賃料もお部屋の魅力も問題がないのに、ただ、募集情報が地域に拡散していないことが原因だったというケースもあります。近隣の主な業者を回って告知しただけですぐに部屋が決まったという事例もあります。

 もちろん、賃料等の条件を下げて決まる場合もあります。費用をかけないリフォームを施して決まる場合もありますが、空室対策は物件ごとにある、というのが私どもの答えです。

 このように、空室には必ず原因がありますので、その原因を、ご一緒に考えさせていただけたら嬉しく思います。

 

お気軽にお問い合わせください

 アパート・マンションのオーナー様で、オーナーズ通信にご興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

 ぜひご覧いただき、賃貸経営のご参考にしていただけましたら幸いです。

この記事を書いた人
東原 相信 トウハラ ソウシン
東原 相信
不動産を持ち続けていればどんどん価値が上がるという「不動産神話」はすでに過去のものとなり、空室の増加や賃料の下落などに悩むオーナーの声をよく耳にします。つまり、賃貸経営は事業者(オーナー)の「経営力」の差が空室率に直結する時代が訪れました。私は、CPMとしての知識と経験で全力でオーナーの賃貸経営のサポートをいたします。
arrow_upward