9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年11月19日
管理スタッフの日常ブログ!

地味なヒーロー話!

キン肉マンの最強必殺技は、『キン肉バスター』や『キン肉ドライバー』ではなく、『肉のカーテン』だと思う。管理部の河村です。

 
先日あるマンションの設備点検時にエントランス扉の閉まるスピードが殺人的に早くなっているのを発見しました。

その日は風も強く、その影響もあるかもしれませんが、それにしてもそのスピードといったら、それはもうなんというか・・・殺人的でした。(危険度伝わります?),
 

分かりにくい方の為に・・・その殺人的具合といったら、ウォーズマンのスクリュードライバー、はたまた、スプリングマンのデビルトムボーイかくらい危険です。(誰がピーンとくるねん!)

 
気を取り直して・・・
設備点検ではよくあることなので、点検のチェックポイントであります。

おかしいな?と思った時は、その場でドアクローザーを調節し、スピードを調整します。

 
ドアクローザーとは、玄関などのドア上部に付いており、ドアを油圧によりゆっくりと自動的に閉めるための装置です。
(ドアチェックと呼んだりもします。)

 
早速調整を試みたんですが、調整ネジを右に回せど、左に回せどスピードが治まることがなく、押したり、引いたり、叩いたり、それでもダメなので、褒めてみたり、甘やかしたり・・・でも相変わらずの殺人的スピードで閉まります。(治るかっ!)

 
ドアクローザーの油が抜けてしまい、調整が効かず故障しているようでした。

これはいかん・・・これでは入居者様の安全が保たれない・・・
俺には入居者様をお守りする使命がある・・・
 
という強い意志をもって、ドアクローザーの取替を行わせて頂くことになりました。

我々は、このように陰ながら入居者様の日々の安全・安心をお守りしております!

へのつっぱりはいらんですよ!(←言葉の意味はよく分からんがとにかくすごい自信がある時に使います。)

 
現場から以上でーす!

この記事を書いた人
河村 達哉 カワムラ タツヤ
河村 達哉
「誠実に」、「丁寧に」、「謙虚に」、「ハイボールは濃いめに」をモットーに どんな依頼も全力で対応します!
arrow_upward