9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年10月31日
管理スタッフの日常ブログ!

見た目も大事だが・・・

ちょっと~聞いたぁ~?
巷では、男性の化粧が流行っているらしいわよ!しかも40代以上の男性に~!
いつでもスッピン勝負の管理部河村です!(シミだらけですっ)

 
またまた排水管の詰まり抜きの依頼がありました。(本当に多い案件です。)

今回は少し厄介で、最初に別の業者さんが対応してたらしいのですが、つまり抜き作業を行っても改善できず、配管の作りが悪いから大々的に配管の改修工事を行わないと治らないと言われ、その費用もウン百万ですと言われたとの事・・・

セカンドオピニオンとして弊社に相談の依頼がありました。(なんだかセカンドオピニオンってかっこいい!)

ところでセカンドオピニオンって医療用語?
ついついかっこつけてみちゃったけど・・・

意味は『第二の意見』とかそんな感じだから、大丈夫だろう・・・。

 
話を戻そう・・・

 
お話を伺うと、そのテナント様が入居されたのが約6年前で、居抜きで入られたとの事、もちろん最初から流れが悪く詰まっていたわけではない・・・

 
まぁ憶測で物を言ってもしょうがないので、とにかく詰まり抜き作業を行わせて頂く様お願い致しました。(もちろん料金やリスクを明確にして・・・)

 
状況は、洗濯パンや流し台で水をつかうとすぐにオーバーフローしてしまう状態です。

 
とりあえず各排水口からワイヤー清掃を実施、またカメラを入れ配管の中の状態をチェック!

確かに横引きの配管が長く、本管に落ちるまで、勾配が少ないのかもしれません。

 
作業の結果、横引き配管が長く、テナント様の普段の水の使用量が少ない為、洗濯をしたときに出るごみ等が配管の中に滞留し蓄積して配管を狭めていたと思われます。

 
作業後、排水は問題なく流れるようにはなったのですが、根本的な改善には至ってません。
長い横引き配管の途中にメンテナンスできる点検口や掃除口があれば、結果はもっと良かったかもしれません。

 
テナント様には、状況と今後の再発のリスク、次の対応方法などをお話し理解して頂き今回の作業は終了とさせて頂きました。
(とても感謝して頂きありがたかったです。)
 

室内の見た目はとても大事でゴリゴリに厚化粧をするのも良いですが、定期的に配管などの点検・メンテナンスができるように考えられた内装にする事もとても大事だと思います。

 
弊社では、管理物件以外でも、色々なご相談を承っております。
第二の意見を聞きたいよーという方、一度ご連絡ください!

 
現場から以上でーす。

この記事を書いた人
河村 達哉 カワムラ タツヤ
河村 達哉
「誠実に」、「丁寧に」、「謙虚に」、「ハイボールは濃いめに」をモットーに どんな依頼も全力で対応します!
arrow_upward