9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年08月20日
管理スタッフの日常ブログ!

最近あったマンショントラブル事例

こんにちは、管理スタッフのFです。

最近あったマンションでのちょっとしたトラブルについてご紹介しようと思います。

今回ご紹介するのは、バルコニーでの水の使用に伴って発生したトラブルです。

とは言っても、バルコニーで水を使用することがダメなわけではありません。

ただ、いくつか気を付けておかないといけないとトラブルになってしまうことがありますので、実際にあった事例と併せて紹介したいと思います。

事例1:バルコニーを掃除していて階下から苦情が…

バルコニーの床面を水洗いをしていたところ、下の階に方からバルコニーの天井の避難ハッチ周りから水が落ちてきたとの苦情があったケースです。

今回のケースは避難ハッチに向けて少し勢いよく水を流してしまったことが原因でした。

避難ハッチの枠は床面より1~2cmくらい高く設置されているケースが多く、雨等で水が避難ハッチ内に浸入しないように考慮されていますが、直接ホースで水を掛けたり、避難ハッチに向けて(すこし)勢いよく水を流してしまうと、床面と枠との段差を乗り越えて枠と蓋の間から避難ハッチ内に水が浸入し、階下への水もれとなってしまうことがあります。

もちろんバルコニーの床面を水洗いすることは悪いことではないですが、避難ハッチが設置されている場合は、避難ハッチ側から水を流す等の注意が必要です。

事例2:ビニールプールでの水遊びのあとに…

バルコニーでビニールプールを使ってお子さんに水遊びをさせることもあると思います。

この行為自体は特に問題は無かったのですが、遊び終わった後ビニールプールの水を捨てる際に、大量の水を一気に捨てたことにより、排水が間に合わずバルコニー手摺壁のスリット部分から外に水が溢れてしまい、その水により階下の洗濯物が濡れてしまい苦情になったケースです。

今回のケースは、水を少しずつゆっくり捨てれば起きなかったトラブルです。

今回ご紹介した2つの事例は、少し気を付ければトラブルにならなかったのではないかと思います。

少しでもトラブルを回避する参考になれば幸いです。

あと、バルコニー排水口周りを定期的に掃除されることもお勧めします。(砂埃等が蓄積すると排水口の詰り等の原因となり、排水不良を起こすことも…)

この記事を書いた人
管理スタッフ
管理スタッフ
新人スタッフからベテランスタッフまで、お客様の大切な資産をお守りするため、現場で日々奮闘しています。マンションで見かけた場合はお気軽にお声をかけて下さい。
arrow_upward