9:00~18:00
土・日曜日及び祝日
2020年07月24日
リフォーム・リノベーション

ちょっとしたリフォームの話(浴室扉編)

食生活を改善し、身体のリフォーム実施中の管理部河村です。(女子力高めです。)

今回は、プチリフォームの事例を紹介します。

この部屋は、今の賃借人が長~く住まわれているお部屋で、浴室の扉が昔ながらの木製扉なんです。
在来の浴室で、常に湿気がある場所になり、木製扉との相性はとっても悪いのです。
なんで昔は木製扉だったんでしょうか?(そー言えば、ばーちゃん家も木製扉だった!)

アルミ製品が普及してなかったのか?高価だったのか?

その木製扉は、もう瀕死の状態でした。

その様は、リングの中でボコボコに打たれまくり、ボロボロになりながらも、必死で立っているボクサーのよう!
セコンドに立つ僕は、タオルを投げ込まずにはいられませんでした…
(なんのこっちゃ!)

すでに扉としての役目は果たしていませんでした。

下階への漏水も懸念される為、扉取替工事を実施!

新しいアルミ製の折戸は、サッシ屋さんが事前の現地調査にて綿密に採寸を取り、加工したものを持ってきます。
そして既設の枠に、アルミ枠を被せ、扉を取付ます。

これぞ必殺!カバー工法‼

そして仕上げに超絶!コーキング回し打ち‼
(いちいち大袈裟ですが、いずれも一般的な工法です…)

入り口前の床のクッションフロア―も湿気でカビだらけだったので、部分的に貼替えました。

悶絶!クッションフロア貼‼(悶絶って…)

最後は、いつも強面の賃借人が仏のような顔で「ありがと~」と言っていただきました。


弊社では、今回のような、ちょっとしたリフォームから全面リノベーションまで承っておりますので、いつでも相談して下さい。

現場から以上でーす。

この記事を書いた人
河村 達哉 カワムラ タツヤ
河村 達哉
「誠実に」、「丁寧に」、「謙虚に」、「ハイボールは濃いめに」をモットーに どんな依頼も全力で対応します!
arrow_upward